夏の恒例行事の高校野球

高校野球の季節がこれからやってきます。夏の地区予選大会と共に高校野球の戦いが始まります。高校野球というと春の選抜よりも夏の高校野球のほうがそのイメージが強く残ります。夏の高校野球には、過去さまざまな名場面が存在しており、人々の記憶に残るものが多いからだといえます。また夏の季節が高校野球には合います。暑い季節にやるスポーツには過酷なものが多いですが、高校野球のその一つであるといえます。グラウンドの温度は、40度をこえることもあります。

高校野球の魅力は、そういった過酷な状況下での勝負が、見ている観客側にとても面白いものに感じられるところにあります。高校野球には、波乱がつきものだといえます。夏の甲子園大会には前評判の高いチームがあっさり敗れてしまうことも多くあります。ちょっとした勝負の分かれ目があり、そこで一気に勝負の流れが決まってしまうこともあり、勝負事の怖さやスリルといったものを感じることができます。毎年、注目の選手が大会前に紹介されますが、大舞台で活躍する人と出来ない人に分かれます。

高校野球は、予定通りに試合が進まないことがその魅力に一つだといえます。序盤にワンサイドな試合展開になっても、終盤になるとその展開がガラッと変わり逆転するケースも起こりえます。そういった試合を見るのは楽しいし、8回9回の攻防は何が起こるか予測が不能なので、注目している試合は目が離せないことが多々あります。今年の高校野球もまたついつい見てしまうことになりそうですが、日中であるのであまり、はまり込まないようにしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 夏の恒例行事の高校野球
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]